元旦祭

年中行事

​元旦祭

一年の始まりを寿ぎ、氏子崇敬者皆様の一年間の家内安全・身体健勝などのお願いごとをします。

元旦祭
射儀式

射儀式

正月6日、氏子総代及び崇敬者代表が古式を行った後、神前にお供えした蕪の水煮を桑の枝で作った箸を

使い、神官がこれを頂きます。

次に参内している全員が境内に出て神前に供えた弓と矢を持ち正面の的に矢を3本放ち、その射抜き方で

その年の水の多少を占うという儀式です。

御筒粥・置炭式

正月15日の午前零時を期して行われる儀式です。

御筒粥・置炭式
追儺式

追儺式

邪鬼を祓い追儺招福・厄除・開運の撒豆の行事です。

祈年祭

毎年2月に行われ、その年の五穀豊穣・国の発展繁栄を祈願するお祭です。

春季例祭

総社神社の例大祭は毎年3月15日に執り行われます。参道では骨董市が開かれ、神楽殿では奉納神楽が

舞われ、境内では華やか・厳かに祭礼を

飾っております。

春季例祭
夏越大祓式

大祓式

『夏越の祓い』といい、茅の輪で編んだ輪を

くぐる神事があります。夏は暑い時期であり、

物が傷みやすく、また体力も落ちてきて思わぬ病気になったりします。無病息災を当社にて

御祈願してください。

1年間の罪や穢れを祓い、身も心も清めます。

茅輪神事

6月30日に行われる、参道中央の石鳥居に設けられた茅輪をくぐり、災難や疫病を免れる神事です。

秋季例祭

以前は御輿の渡輿・流鏑馬などの古儀が行われていました。

七五三

子供の成長と健康をお祈りする行事です。

勤労感謝祭

五穀の豊穣と諸産業の発展を祈り、1年の無事・安泰を神様に感謝するという祭典です。

御神迎式

出雲大社に集い旧暦のこの日、神様が出雲大社より戻られます。